チームKKのロボBLOG

KataokaとKakimotoで作ったチームKKのロボットBLOG
チームKKのロボBLOG TOP  >  スポンサー広告 >  Kataokaの日記 >  外部スピーカー出力ができる目覚まし時計を作ろう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

外部スピーカー出力ができる目覚まし時計を作ろう!

こんにちは、Kataokaです。
今回は夏休みの自由研究用に作った目覚まし時計の作り方を紹介します。
まず、特徴はタイトルにもかいてあるようにスピーカーやイヤホンが使えます。
つまり、アンプをつければ音が大きくなり、Bluetooth対応機器を取り付ければ無線で音が送れたりできます。

作り方は続きで



~作り方~
まず、以下の物をそろえます。

目覚まし時計
P8090042_R.jpg

イヤホン延長ケーブル
P8090043_R.jpg

その他工具
P8090044_R.jpg

①目覚まし時計を分解する。
P8090045_R.jpg
裏のカバーを外します。

P8090046_R.jpg
ねじ類を外してここまで分解します。

P8090047_R.jpg
四カ所のツメを外します。
ツメを折らないように注意!

P8090048_R.jpg
はい、開きました。
コイルの線をちぎらないように注意!

P8090049_R.jpg
端の方に小さいスピーカーがあると思います。

P8090050_R.jpg
そいつを切ります。
まずここまでしておいて、細かい部品を無くさないようにしておきます。

②ケーブルの改造
P8090051_R.jpg
今回は延長ケーブルをつかいます。

P8090052_R.jpg
まず、真ん中ぐらいで線を切断します。

P8090053_R.jpg
はい、切断できました。

P8090054_R.jpg
切断した線のビニールを剥ぎます。
すると3本線が出てきます。

P8090055_R.jpg
調べてみたところ、青の線と金色の線を使うと音が出るっぽいので、赤の線は切断します。

③取り付け
P8090056_R.jpg
スピーカーが付いていたところに、さっきの青の線と金色の線をハンダ付けします。

P8090057_R.jpg
はい、ハンダ付け出来ました。

P8090059_R.jpg
壊さないように組み立てます。
けっこう難しいです。

P8090060_R.jpg
針を付けてみて電池を入れて動作確認をします。

P8090061_R.jpg
どんどん組み立てます。

④完成!
P8090065_R.jpg
すべてネジが閉まっているかを確認したら完成です!
所要時間は一時間半ぐらいかな?

P8090063_R.jpg
スピーカーと接続してみた。
音は結構大きいです。

P8090064_R.jpg
イヤホンと接続してみた。
片方しか音が出ませんが、アホみたいに音が大きいです。

P8090066_R.jpg
調子にのって2つ作りました。


はい、どうでしたか?
普通の内蔵スピーカーと違って自由度が広がります。
値段も210円しかかからないので、暇な人は一度やってみてはどうですか?
なかなかおもしろいですよ。

ではまた。
スポンサーサイト
[ 2010/08/09 17:54 ] Kataokaの日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Kataoka&Kakimoto

Author:Kataoka&Kakimoto
リンク、トラックバック、コメント大歓迎です!

↓押してくれたらうれしいです。
にほんブログ村 中学生日記ブログ 男子中学生へ
にほんブログ村

FC2カウンター
バナー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。